おやつ

基本のショートケーキのレシピ(スポンジ編)

みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよ(@life.food.berlin)です。

今日は、ボウル一つでできる「基本のショートケーキ」のレシピをご紹介します。ケーキ作りに挑戦したくても、スポンジがうまく焼けない方が一定数。そして、クリームを塗る作業(ナッペ)がうまくいかない人が一定数いらっしゃると思います。

まずスポンジ作りですが、配合も作り方も極力シンプルに、ご家庭でも焼きやすいレシピにしています。ちょっとしたポイントをおさえれば、ちゃんと膨らんで安定して焼けるはずなので、挑戦してみて欲しいです!

そして、クリームを塗る作業と、デコレーション。これは、私も未だ四苦八苦しながらやっています。ケーキ屋さんのようにきれいに塗るのは訓練が必要なので、苦手な方でも粗を隠す技なども含め、初心者の方でもできる方法をお伝えしたいと思います。これは別記事でみてください!

誕生日やパーティーなどで大活躍間違いなしの、基本のショートケーキレシピ。ちなみにこのレシピは、レシピ通りに15cmの丸型で焼いていただくと、豪華な4段ケーキが出来上がる高さになります!ぜひみなさんも作ってみてください。

ショートケーキ作りに必要な道具

・15cmの丸型

・ハンドミキサー

・オーブンシート

・パン切り包丁などの刃渡りの長い包丁

・スポンジスライサー:こういうのがあると、きれいにスポンジがスライスできます!

・ボウル2個

・ゴムベラ

・泡立て器

・ケーキクーラー:お菓子作りではよく使うもの。お好みで丸型や四角いものを用意しておくといいと思います。ちなみに私は、ロールケーキを焼くことも多いので四角いものを使っています。

準備

①卵3個は、卵黄と卵白に分けてボウルに入れます。この時に、卵白を入れるボウルには油分が一切ついていないか確認してください。もし割り入れるときに、卵白の方に卵黄が入ってしまった場合は、潔く他の料理に回して一からやり直しましょう。油分や卵黄が入ってしまうと、スポンジケーキ作りでとても重要な「メレンゲ」がきれいに仕上がらないためです。その後、卵白のみ冷凍庫に入れて置いてください。場所がなければ冷蔵庫や寒いところでもOK。

②材料を計量しておきます。小麦粉100gはあらかじめふるっておいてください。目の細かいザルや、茶漉しでふるっても大丈夫です。

③●印の無塩バター20gと、大さじ1の豆乳などの液体は一緒にして小鍋に入れ、弱火にかけてバターを溶かしておきます。溶けたら火は止めてください。

④丸型にオーブンシートを敷きます。パーツは、側面用と底用に2枚必要です。側面用は、型の高さ+4cmくらいの細長い長方形サイズにします。下の写真のように、長方形の長い方を1.5cm位折り、2-3cm間隔で切れ目を入れ、型にはめます。

基本のショートケーキのレシピ

底用は、型のサイズに合わせて丸く切るだけ。上からはめ込んでください。

基本のショートケーキのレシピ

⑤オーブンは160度に予熱します。

●作り方

①卵白でメレンゲを作ります。まず、卵白のみをハンドミキサーでほぐします。泡立ってきたら、1/3のグラニュー糖を加えて中〜高速で混ぜます。これをあと2回繰り返します。(ちなみに、上白糖や黒糖などではきめの細かいきれいなメレンゲはできず、スポンジ作りで失敗する可能性が高いです!私は、グラニュー糖のようにサラサラとしたきび砂糖を使っています。)

ある程度ふんわりしてきたら、低速にしてきめを細かくしながら、艶があってツノが立つメレンゲにしていきます。(人それぞれ感覚は違いますが、おそらく、みなさんが思っているよりもメレンゲができるまでは時間がかかるのでは…と思います。)

基本のショートケーキのレシピ

②卵黄3個分を加えたら高速で2分強混ぜ、その後低速に落として2分、ゆっくりきめを整えるようにして混ぜてください。

基本のショートケーキのレシピ
基本のショートケーキのレシピ

③ふるった小麦粉を3回に分けて入れ、ゴムベラで生地を切るようなイメージで下からさっくりと混ぜます。自信がない方は、泡立て器で混ぜてもOK!その際も、優しく下からすくい上げるようなイメージで混ぜてください。

基本のショートケーキのレシピ

④小鍋で溶かしておいたバターと豆乳などに、③の生地を大さじ3程度入れて、泡立て器でよく混ぜます。

⑤バターとよく混ぜた④をゴムベラに沿わせるように優しく③のボウルに加え、再度ゴムベラで切るように、ボウルの底から生地をすくい丁寧に混ぜます。徐々にツヤツヤしてくるはずです。混ぜ過ぎると気泡が潰れていくので、15-20回ほどで混ぜ切るようにしてください。

基本のショートケーキのレシピ

⑥型に流し入れたら、台の上に型を3-4回落として余分な空気を抜きます。160度に予熱したオーブンで約35分から40分程度焼きます。竹串でさしてみて、どろっとした生地がついてこなければ焼き上がりです。ご家庭のオーブンによって焼き時間は前後するので、調整してください。

基本のショートケーキのレシピ

⑦焼き上がったら、型のまま台に一度落として、焼き縮みを防ぎます。

⑧火傷に気をつけながら型からスポンジを外して、ケーキクーラーで冷まします。側面と底のオーブンシートはついたままでいいので、硬く絞った濡れふきんをかぶせて冷まします。

⑨スポンジがしっかり冷めたらラップで丁寧に包んで、さらに冷蔵庫で2〜3時間冷まします。こうすることで、スライスする時にきれいに仕上がります。

⑩冷えた状態のスポンジをスライスします。私は、下の写真のようなスポンジ用のスライサーを持っているので(ドイツで購入)あっという間にスライスできますが、他にも便利な補助具(上に参考商品のリンクを載せています)や、100均で手に入る道具を使ってスライス(https://ao-recipe.com/sponge-cake-slice-cut-25965)したり、本や爪楊枝を使ってスライスする方法(https://chibimama-info.com/1837.html)もあるので、他の方の記事を参考にしてみてください!

基本のショートケーキのレシピ

次は、クリームを塗り(ナッペ)、デコレーションする作業です。その作業では、ケーキ台とクリームを塗る専用のパレットナイフというものを使います。あった方がきれいに仕上がるので、ぜひ用意しておいてください。

・ケーキ台

・パレットナイフ

RankingLIFEとFOODの人気記事