おやつ

小麦粉・砂糖・バターを使わない米粉のバナナケーキ

みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよ(@life.food.berlin)です。

今日は、小麦粉も砂糖もバターも使わずに作るヘルシーな「米粉のグルテンフリーバナナケーキ」のレシピをご紹介します。

一般的にお菓子作りによく使われる小麦粉・砂糖・バターを他の材料に置き換えたレシピですが、小麦粉は米粉に、砂糖はバナナとはちみつで代用し、バターはココナッツオイルに置き換えています。

特に難しい工程もなく、全ての材料を軽く混ぜて型に入れて焼くだけのレシピなので、気軽に作っていただけるおやつです。

バナナの甘みとお好みで入れるほんの少しのはちみつを砂糖代わりにしているので、まだまだ甘いものを与えるのをためらってしまう小さいお子さんのおやつに特におすすめです!小麦粉アレルギーや、乳製品アレルギーがある方にも楽しんでいただけたら嬉しいです。

そして今回は、わたしの大好きな「野田琺瑯のレクタングル深型 Mサイズ(W.83×D.25×H.62MM)の保存容器」を型に作りました。保存容器としてはもちろん、焼き菓子の型にも使えて、とってもおすすめなアイテムです!

もちろんお手持ちの型で作っていただくこともできますので、ぜひ作ってくださったらとっても嬉しいです。

小麦粉・砂糖・バターを使わない米粉のバナナケーキの材料

★野田琺瑯レクタングル深型M1台分
・バナナ:3-4 本(1本は飾り用に)
・米粉:120 g 
・片栗粉(無ければ全量米粉で):30 g 
・ベーキングパウダー:6 g 
・無香料ココナッツオイル:60 g 
・卵:1 個 
・はちみつ(お好みで):大さじ 1 

小麦粉・砂糖・バターを使わない米粉のバナナケーキの作り方

①型にクッキングシートをしいておく
②オーブンは180℃に温めておく。
③ボウルに米粉、片栗粉、ベーキングパウダーを入れ、泡立て器や素手でぐるっと混ぜておく
④ココナッツオイル(固まっている場合は、30度位に温めて溶かす)、潰したバナナ2-3本分、卵1個を一緒にしてよく混ぜておく
⑤粉の中に④を入れ、粉気がなくなるまで軽く混ぜる
⑥型に流し入れ、1cm弱厚に輪切りにしたバナナ1本分を、生地の上にのせて軽く押す
⑦180℃のオーブンで約30分焼く(ご家庭のオーブンにより多少前後します)竹串で真ん中をさし、生地がついてこなければ焼き上がり
⑧型から外して冷ます

注意点とポイント

・はちみつは、お好みで。1歳未満のお子さんは、はちみつ摂取は禁忌のため、特にご注意くださいね。

どうしても無香料のココナッツオイルが手に入らない場合は、オリーブオイルや菜種油などで代用してください。(バターOKの方はバターをお使いいただくと、コクが出ます!)

このレシピで使った野田琺瑯の保存容器

わたしは琺瑯製品が大好きで、タッパー代わりに野田琺瑯のホワイトシリーズ保存容器(スクエア・レクタングル)を使い、野田琺瑯とマーガレットハウエルのコラボバターケースを愛用し、お米はラウンドストッカーで保存し、味噌は持ち手付きストッカーに入れ、お湯はランブルポットで沸かし、コーヒー豆は保存容器TUTUに入れ、バットでお菓子作りやオーブン料理をしたり…と、もう別記事にした方が良いほど野田琺瑯製品を愛し、野田琺瑯製品に囲まれた暮らしをしています。

白い清潔感あるデザインはもちろん、容器自体に臭いもつかず、油汚れもサッと落ちる優れものでどれもおすすめですが、やはりダントツ一番は、ホワイトシリーズの保存容器!

例えば、パウンドケーキ型の代わりに使ったり、お弁当箱代わりにしたりと、食べ物の保存以外にも使える用途があるので、うちでは頻度高く使っています。

↓今回のバナナケーキを焼くのに使ったMサイズ

↓Mサイズと同じく出番の多いSサイズ

TAG:

島崎ともよ

WRITTEN BY

島崎ともよ

「LifeとFood」代表。ナチュラルフードスタイリスト。体を壊したことがきっかけで、自分も家族も安心して食べられるシンプルでナチュラルなレシピを発信。2018年よりベルリン在住。

RankingLIFEとFOODの人気記事