スープ/麺類

コンソメを使わないポトフのレシピ!+コンソメから卒業する方法

こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよです。

今日は「コンソメを使わないポトフのレシピ」を紹介します。わたしのレシピは、全て添加物は一切使わずに無添加で作っているのですが、「コンソメを使わない」シリーズは、特に読者の方からリクエストが多いコンテンツです。

無添加のコンソメ味のポトフが作れるわけではありませんが、コンソメを使わなくても、野菜や肉類からうまみを引き出す方法を説明しますので、ぜひ挑戦してみてほしいです。

<材料>
・にんじん:中1本(10cmくらいの長さになるようにカット)
・小たまねぎ:4個(無農薬の場合は皮付きで半分にカット)
・キャベツ:1/2個(芯を取らずに手のひらサイズくらいの大きさに大胆カット)
・長ネギ:1本(10cmくらいの長さになるようにカット)
・にんにく:1個(半分にカット)
・大根:1/3本(大きめの乱切り)
・黒大根:1/3本(輪切り)
・さつまいも:小1本(乱切り)
・ブロッコリー:1/2房

・水:700ml(目安なので、鍋サイズや中の具材によって変わります)
・昆布:5cm角1枚(なければローリエで代用可)
・干し椎茸:2個(なければ、椎茸やマッシュルーム、しめじ等をそのまま入れてOK)

・薄口醤油:適量
・天然塩:適量
・黒胡椒:適量

<作り方(お持ちの方は、Staub、ル・クルーゼ、無水鍋などの無水調理が可能な鍋を使用してください)>
①野菜を好きな形・サイズに切り、鍋にギチギチになるように詰める(煮るとくたっとなる野菜もあるので、隙間なく詰めるのがポイント!)
②小さじ1の天然塩を野菜の上からふり、蓋をして弱火で25分ほど煮る(無水調理で野菜の旨味をぐっと出すのがポイント!)
③水、昆布、干し椎茸を入れ、弱火でさらに20分ほど煮る
④火が通ったら、天然塩や醤油で好みの味の濃さに整え、お好みで黒胡椒をふって出来上がり

野菜やきのこ、鶏肉などの自分好みの具材や、冷蔵庫に余っている野菜などをこれでもかと入れて作ってみてください。野菜の切り方にも決まりはないのでお好きなように大胆にカットしてみるのもいいと思います。にんじんや長ネギは縦長に切ると、ギュギュッと詰める際に隙間にすっと入ってくれるのでオススメです。

スープが余った時は、冷やご飯を入れて火にかけ、パルミジャーノをたっぷりとおろしていただく洋風おじやが我が家の定番です。それ以外にもスパイスを入れてカレーにしたり、ショートパスタを茹でてスープパスタにしてみたり、いろんなリメイクができるのがポトフのいいところ。

私のおすすめ調味料やキッチンアイテムに関する質問をたくさんいただくので、楽天ROOMにまとめています。ぜひ参考にしてください。

ぜひお試しください!


TAG:

Tomoyo Shimazaki

WRITTEN BY

Tomoyo Shimazaki

ベルリン在住フードスタイリスト。身体を壊したことをきっかけに食生活を変えたところ、それまで薬が手放せなかった身体がいつのまにか薬のいらない身体に。それ以降ブログを通して、ナチュラルでシンプルなレシピを発信しています。 2018年に生活の拠点をドイツ・ベルリンへ。海外生活で手に入る限られた材料でも日本で食べるものと同じように美味しい和食のレシピを開発中。

RankingLIFEとFOODの人気記事