主食

パーティーでも大人気!ハッセルバックポテトのレシピ

みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよ(@life.food.berlin)です。

今日は、見た目の美しさとは裏腹に、材料も工程もシンプルに作れる「ハッセルバックポテト」のレシピをご紹介します。

パーティーなどのおもてなし料理でとても喜ばれるこのポテト料理。切り込みを入れるのが難しいかもしれませんが、味付けも、料理の工程も難しくないのでぜひ、みなさんも作ってみてください!

この写真では、あまり深くまで切り込みを入れていません。深めに包丁を入れると、焼き上がりは大きく開くのでお好みで調整してください。

焼いている途中で、オリーブオイルやココナッツオイルを追加で2回ほどまわしかけてあげると、つややかな仕上がりになります。ベーコンをはさんで焼いたり、フレッシュローズマリーやタイムなどと一緒に焼いていただいても、おいしく召し上がっていただけます。パーティーでもひときわ目を引く一品になること間違いなし。

蒸している間に中まで火を通してあるので、オーブンがない方はトースターを使っていただいて焼き色をつけていただくことも可能です。

おすすめの調味料

シンプルにいただくお料理こそ、素材を大切にすると驚くほどおいしくいただけます。このハッセルバックポテトのレシピだと、油やお塩はとても重要。わたしのおすすめのお塩とオイルを一つづつ書いておきますので参考にしてください。

①マルドン|シーソルト フレーク(スモークタイプ)

有名シェフの間でも非常に人気で、2012年に「英国王室御用達」のロイヤルワラントの認証を受けた、マルドン社のフレークタイプのものです。200年以上も前から続く、伝統的な平釜製法で作られています。ピラミッド型の結晶が美しいマルドンのお塩。結晶の形が大きく残る塩で、そのサクサクとした食感がまた特徴的です。

普通のタイプの塩と、スモークタイプの2種類があるのですが、わたしは、スモークソルトで作るハッセルバックポテトが大好きです。ただただ、シンプルに。だからこそ、お塩の良さが引き立ちます!ちなみにノーマルタイプを使うときはハーブソルトも少し使って…。どちらも絶品です。

「おすすめの天然塩 5選」はこちらをクリックしてご覧ください!

②BIO PLANET|無香ココナッツオイル

わたしは、炒め油、揚げ油などに無香のココナッツオイルやバターを使っています。それ以外は使いません。理由は、ココナッツオイルやバター、ラードが唯一酸化しない飽和脂肪酸のオイルだから。

酸化した油は生活習慣病を引き起こす原因になったり、短期的ではなく長期的にみて体に影響を及ぼす可能性がとても高いので、油の酸化にはとてもとても気をつけています。なのでココナッツオイルを愛用しているのです。日本ではなかなか安価なココナッツオイルが手に入らないのが悩ましいところですが、気になる方はぜひチェックしてみてください。

TAG:

Tomoyo Shimazaki

WRITTEN BY

Tomoyo Shimazaki

ベルリン在住ナチュラルフードスタイリスト。シンプルで添加物を使わないレシピを発信しています。

RankingLIFEとFOODの人気記事