主食

混ぜるだけ!ツナと青ネギの混ぜ混ぜおにぎり

今日は、我が家の定番のおにぎりをご紹介します。私の「おにぎり」のイメージは、梅干しや鮭などの具材をご飯の真ん中に入れて握る、というものなのですが、ベルリンにきてからというもの、大好きな定番おにぎりとは残念ながらご無沙汰です。大好きな梅干しも鮭も手に入ることは入るのですが、なかなか良い品質の物がなかったり、あっても高価で、日常使いするのは難しいというのが本音です。

そんな中で生まれたのが、今日ご紹介する混ぜ混ぜおにぎり。海外でも手に入りやすい具材を使って作っているのですが、これがとっても美味しくて、おすすめなのです。もちろん日本在住の方にも喜んでいただけると思います。

このレシピのいいところはいくつかありますが、まず冷たいご飯でも作れるところです。(冷蔵庫に入れて固くなったご飯はNGですが)我が家は土鍋でご飯を炊くので、余ったご飯は必然的に冷たくなりますが、それでも美味しいのです!

そして、いろいろなアレンジが利くところ。今回のレシピでは、ツナを使用していますが、我が家ではスモークサーモンや炒り卵を入れることもよくあります。そして、胡麻油をオメガ3系のオイルに替えてみたり、マヨネーズにしてみたり、とお好きなようにアレンジしていただくことも可能です。

おにぎりにするのが面倒な時は、そのままお茶碗に盛ってもいいですし、お弁当にそのまま詰めてもOKです。オイルがごはんをしっとりさせてくれるので、時間が経っても美味しいのです!ちょっと塩をきつめにしておく方が、美味しく食べていただけるはず。難しいことはありません。具材を全部混ぜて握るだけ!

ぜひ、みなさんも作ってみてください。

TAG:

Tomoyo Shimazaki

WRITTEN BY

Tomoyo Shimazaki

ベルリン在住フードスタイリスト。身体を壊したことをきっかけに食生活を変えたところ、それまで薬が手放せなかった身体がいつのまにか薬のいらない身体に。それ以降ブログを通して、ナチュラルでシンプルなレシピを発信しています。 2018年に生活の拠点をドイツ・ベルリンへ。海外生活で手に入る限られた材料でも日本で食べるものと同じように美味しい和食のレシピを開発中。

RankingLIFEとFOODの人気記事