主食 - 音声レシピ

市販のルーを使わない!絶品無添加カレールーのレシピ

みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよ(@life.food.berlin)です。

私は、添加物を使わないナチュラルなレシピを公開しているのですが、27歳頃まではそんなことは一切気にしない食生活でした。なので、今でもまだジャンキーなものを食べたときの味を覚えていて、時々食べたいなぁと思うものがいくつかあります。

その一つが、市販のカレールー。どうしても忘れられない味を、なんとかナチュラルな食材で再現できないものか?と試作を続けてきました。そして、遂に、なんとも重々しくどこか悪そうなカレールーを、誰もが手に入れやすい食材を使って、シンプルにナチュラルに仕上げることができました。ようやくお披露目!Instagramのハイライトには、カレールーを作る手順の動画を残しています!ぜひご参考に。

ルーを使わない無添加カレーのレシピ

カレールウの肝は「バター!」

このカレールウでとても重要な役割を果たしてくれているのは、実は「バター」なんです。ずっとバターには手を出さずに試作していたのですが、コクが足りないのが悩みでした。今回のレシピは、どれだけ市販のカレールウのように重々しく悪い感じを出すか!がポイントなので、禁断のバターに手を出したわけです(笑)それが見事にハマってくれました。なのでバターが嫌い、乳製品NGでなければ、ぜひレシピ通りに入れてみてください。アレルギー持ちやベジタリアンやビーガンの方は、バターの代わりに全量オリーブオイルやココナッツオイルでも構いません。

カレースパイスはお好きなものを使って!

カレーパウダーは、市販のものでもお好みのスパイスを配合してもらってもいいと思いますが、合計で45g程度を用意してください(辛さを抑えたい場合は、35-40gと少なめにしても良いです)。私は、ドイツのビオ食品メーカー「Lebensbaum」のカレーパウダー2種を混ぜて使いました。

普通の辛さのものを25gと、ちょっと辛いものを20gにしています。辛さは人それぞれのお好みなので、何度か作っていただき、ちょうど良い辛さに調整してもらえたらと思います。

手作りカレールウが完成したら、市販のカレールウでカレーを作るときの要領で、お好きな肉や野菜を炒めて水で煮て、カレールーを溶かす、それだけです。 パラパラのルーなので溶けるのがとにかく早い!一応の目安として、チキンカレーのレシピを下に載せておきますね。

<手作りカレールーを使ったチキンカレーのレシピ(分量)>

・じゃがいも:中3個
・にんじん:中1本
・玉ねぎ:中2個
・鶏モモ肉:250g
・水:700ml
・カレールー:160-180g(お好みにより、これより少ない場合や多い場合等あります!ご自身の心地よい味覚に合わせてください。)

※水700mlに対してのおおよそのカレールーの分量を参考にしてください。

それから、市販のカレールウを使って作るときに、ココアやジャムを隠し味に色々入れる方もいらっしゃると思います。そういう方は、このレシピのカレールウを溶かした後に追加で入れていただいて構いません。

カレールウを作るのにかかる時間は約30分。具材をコトコト煮込んでいる間に計量と仕込みをすれば、ちょうど煮えた頃に完成したルウを投入できるので、時間のロスがありません!

ぜひお試しください。お口にあいますように。

このレシピで使ったおすすめのキッチン用品

まず、なんといっても一番は鉄のフライパンでしょう。オイルを高温で熱し続けるので、テフロン加工のフライパンで作るのはあまりおすすめはできません。カレールウを作る以外でも、鉄のフライパンは持っていて損はないキッチン用品だと思います。一言で言うと、料理がおいしく作れる!!まだお持ちでない方は、ぜひ参考にしてください。

詳しくは「こちらの記事」に書いています。

わたしのおすすめは、Turkの鉄のフライパンか、デバイヤーの鉄のフライパン(ミネラル ビー)です。甲乙つけがたいのですが、デザイン性で選ぶならTurk、お値段で選ぶならデバイヤーという感じでしょうか。機能的にはほぼ一緒。Turkは一枚の鉄でできているので洗うのはちょっとだけ楽かな?という程度です。

わたしは、Turkは22cmと26cmを。デバイヤーは20cmと26cmを持っています。

turk 22cm(IH対応)↓ ※目玉焼き2個分位 turk 26cm(IH対応)↓ ※目玉焼き4個分位 デバイヤー 20cm(IH対応)↓ ※目玉焼き2個分位 デバイヤー 26cm(IH対応)↓ ※目玉焼き4個分位

●市販のルーを使わないシリーズ●
ルーもコンソメも使わないクリームシチューのレシピ
ルーを使わない超簡単ハヤシライスのレシピ
ルーを使わない赤レンズ豆とひき肉のカレーのレシピ

TAG:

Tomoyo Shimazaki

WRITTEN BY

Tomoyo Shimazaki

ベルリン在住フードスタイリスト。身体を壊したことをきっかけに食生活を変えたところ、それまで薬が手放せなかった身体がいつのまにか薬のいらない身体に。それ以降ブログを通して、ナチュラルでシンプルなレシピを発信しています。 2018年に生活の拠点をドイツ・ベルリンへ。海外生活で手に入る限られた材料でも日本で食べるものと同じように美味しい和食のレシピを開発中。

RankingLIFEとFOODの人気記事