Mar 15, 2018 Recipe 

じゅわっとしみ出る煮汁がおいしい!やわらかおいなりさんのレシピ

Text: Tomoyo Shimazaki

運動会やピクニックのお弁当には絶対おいなりさんが入っていてほしいともよです(笑)
実は、小さい頃からとにかくおいなりさんが大好物で、毎日でも食べたいと本気で思いながら大きくなりました。スーパーで売っている味付けおいなりさんの皮の味で育ちましたが、22歳の時に知り合いの家で手作りのおいなりさんをいただく機会があり、揚げの柔らかさと上品な味付けの皮にびっくりしたのを覚えています。それがきっかけで、結婚してからは自分で揚げを炊くようになりました。自分で言うのもなんですが、市販のものとは比べものにならないおいしさでして…。もうね、おいなりさんを作った日には確実に1-2kgは太ります。

私は上品なおいなりさんより、濃い目で煮汁がじゅわーっと出る豪快なおいなりさんの方が好み。そして甘いのが苦手なので、甘さ控えめのレシピにしています。

おいなりさんのお揚げのレシピ(濃い目)

<材料> おいなりさん20個分
・油揚げ:10枚
・水:250ml
・濃口醤油:80ml
・本みりん:60ml
・きび砂糖または甜菜糖:40g

<作り方>
①油揚げを半分に切り、中を丁寧に開く。(まな板の上で、菜箸などをコロコロ転がしてから開くと、剥がれやすい油揚げもあり。)
②ザルに並べて熱湯をまわしかけ油抜きしておく。
③鍋に油揚げを丁寧に並べる(とっても重要なので下記写真参照。炊いた後の型崩れも破れも少なくなります。沸騰すると煮汁が真ん中の空洞から上がってきて、全体に煮汁が回るように。)
④水・濃口醤油・本みりん・きび砂糖を混ぜたものを、真ん中の空洞にいれ沸騰するまで中火にかける。
⑤沸騰したら弱火にし、落し蓋をして煮汁が半分以下になるまで煮る。
⑥冷ましながら、残りの煮汁を吸わせる。

おいなりさんのお揚げ作りのポイント!

  • 煮汁を少し残して、冷ましながらゆっくり吸わせること!味がなじむのはもちろん、よりジューシーで柔らかな揚げになります。
  • 大量に作って、余ったら冷凍保存!我が家では、20-30枚程の大量の油揚げを一度に煮て、余った分は冷凍。そしたらいつでも解凍して食べられるからね!
  • 子どもと一緒に詰め詰めできる!台所育児にも持ってこい!な作業です。

ぜひお試しください!

Tomoyo Shimazaki

Tomoyo Shimazaki - 島崎ともよ

I am a Japanese food stylist based in Berlin. I’m a mama of 2 children. Love cooking and eating! I want to share with you a behind the scenes of mama’s kitchen. /ドイツ・ベルリン在住。3歳の娘と0歳の息子の母。ジャパニーズフードスタイリスト&ナチュラルライフデザイナーとして、暮らしや食べものにまつわることをブログやSNSを通して発信しています。趣味は作ることと、食べること!

instagram  twitter  facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

.RANKING

FOLLOW US

thank you for your visit. Site by island