Dec 17, 2018 ナチュラルライフ 

我が家恒例の断捨離祭り!

Text: Tomoyo Shimazaki

我が家恒例の断捨離祭り!
あっという間に年の瀬。皆さまいかがお過ごしですか?我が家は12月に入り、娘→私→息子とウイルスが移り、家に引きこもりの日々。全然通常モードになれないまま、クリスマスを迎えようとしています。ドイツに住む友人が、ドイツに来て最初の1年は子供たちはとにかく風邪をひきまくったよ!と教えてくれたのですが、まさにそれ。なんなら子どもだけじゃなくて私も(涙)環境も食べ物もかわり、身体がおっつかないのかしら。

さて、今日は断捨離のはなし。よく断捨離、断捨離と聞きますが、苦手な人多いんじゃないかしら。我が家も、どれだけ断捨離しても気がつくとモノが増えていて何だかなぁ…と思うこともありますが、割と断捨離は得意な方だと思います。だって、引越し魔ですから(笑)

結婚してから4年。引っ越しは既に6回。その都度、本当に必要かどうかを見極めてきたアイテムに囲まれているので、身の回りには割とスター選手ばかりが揃っています。それでも、定期的に持ち物を見つめ直す機会は必要です。私が家は、不要なものは負の遺産だと思っているので、あるだけでネガティブな気を発しているのでは?と感じちゃう。なので、迷ったらサクッと処分します。

そんなこと言われても、手放せないんだよー!と断捨離で心が迷ってしまうあなたに一つ言葉を送りましょう!

海外に引っ越すことになっても、それ持ってく?

急に海外に引越すことになり、家も引き払い、身の回りの荷物をぜーんぶどうにかしなくちゃいけないとしたらどうしますかね??送料もかかるから持って行けるものは限られてる。それでも一緒に海を渡りたいですか?そのふるいにかけられたものが、本当に必要なものかと思います。

そうなるとね、本当に大事なものとか必要なものって限られてくるんだよね。ドイツに引越してくるときは、片道切符の覚悟で来たので、日本に残してきた荷物はごくわずか。喪服とかね(w)でも、それ以外は、捨てるか売るか譲るかで、大型スーツケース2個、船便で送ったダンポール7個分まで荷物を減らしました。あとは、日本に小さなダンボールが数個あるだけです。

ドイツには「不用品持っていってください!」と道路にものが落ちている

棚や椅子、食器にスーツケース、子どものおもちゃや本にケーブルと、様々なものがそのまま、もしくはダンボールに入れて置かれています。見つけたら早い者勝ちの争奪戦!おっ、と思ったらその場でもらわないと、ちょっと経って戻ってきたらもう無い!なんてことは日常茶飯事です。後悔したことは数知れず。。。自分には不要でも、必要と思う人はいるんだよね。

断捨離といってもただただ捨てて、地球上のゴミを増やすだけというのは何だかなぁと思うのです。断捨離でゴミ処理センターに大量に持ち込みしたぜ!家の荷物がなくってスッキリいえーい!という知人もいますが、私は全然いいと思わないんだよな。なので、大切に長く使えるものを選んだり、質の良いものを選んで大切に綺麗に使い、自分たちが使った後に他の方にお譲りできるように私はしたい。要は、選択して購入する時点で全てが決まるような気がします。

というわけで我が家も、段ボールに入れて外に置いたり、子ども服はセカンドハンドショップに持っていって(お店の商品と交換できたりする!)、できる限りゴミを増やさないように持ち物の断捨離をして、身の回りも心もスッキリと新年を迎えたいものです。

では!

Tomoyo Shimazaki

Tomoyo Shimazaki - 島崎ともよ

I am a Japanese food stylist based in Berlin. I’m a mama of 2 children. Love cooking and eating! I want to share with you a behind the scenes of mama’s kitchen. /ドイツ・ベルリン在住。3歳の娘と0歳の息子の母。ジャパニーズフードスタイリスト&ナチュラルライフデザイナーとして、暮らしや食べものにまつわることをブログやSNSを通して発信しています。趣味は作ることと、食べること!

instagram  twitter  facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

.RANKING

FOLLOW US

thank you for your visit. Site by island