Jan 28, 2019 Life - ドイツ移住/ビザ取得 

どうやってドイツに家族で移住してきたのか?

Text: Tomoyo Shimazaki

ドイツ移住を決めてから、私もできることなら移住したい!うらやましい!どうやったら移住できるの?という声がちらほら寄せられています。今でこそ、「みんなも移住したらいいじゃん!」と言えるようになりましたが、そこに至るまでは、想いはあれど10年近く行動に移せなかった期間がありました。実際に夫婦で何度も話し合いを重ねて、ついに移住してみて分かったのは、意外にあっけなかったということと、やりたいことは覚悟を決めてやるだけ!ということ。本当にそれだけです。

移住だけに関わらず、大きな一歩がなかなか踏み出せない方とか、何だか悶々とした生活を送っている方に、少しでもアドバイスできることがあればなぁと思い、今日は今までもらった質問にお答えする形で、私たちの思いややってきた事を書こうと思います。

ドイツに移住するにあたって、どのくらいの準備期間を持たれましたか?

「ドイツに移住しよう!」と最終決断をしてから渡独するまでは、約5ヶ月です。私の場合は、その間に出産もしているので、実質、渡独準備に充てた時間はもっともっと短いですね。でも、結婚してから4年、ずっと海外移住のことは話し合いをしてきたので、うじうじ悩んでいた期間が長すぎたなぁとも思います。でもそれも必要な時間だったと今は思えますが…。

ドイツに移住することになって、日本にある荷物はどうされているのですか?

家具・家電、ほぼほぼ処分しました。それ以外は船便で8箱分の荷物をドイツに送ったのと、段ボール4箱分くらいの荷物は実家に置かせてもらっています。それ以外はありません。日本にはもう帰らないぞ!と片道切符の気持ちでドイツにきたので(笑)実は、移住を決めたあとに(出産2ヶ月前に)夫の実家に引っ越しました。そこで出産までの準備や産後のサポート、子守などをしてもらいながら、ガレージにありったけの荷物を詰め込ませてもらって、ドイツ移住までゆっくり荷物整理もさせてもらいました。これが本当にありがたかったです。

移住にはどのくらいの費用がかかりましたか?

おっ!ぶっちゃけちゃいましょう!なんだかんだ200万以上かかったのかな…。

  • ドイツ移住サポートの方(日本人)への支払い:約40万
  • ビザ取得&ドイツ移住サポートの方(ドイツ人)への支払い:約50万
  • 現地のアパートのデポジット費用と1ヶ月分の家賃:家賃によりけりですが、我が家は約55万
  • ビザ(滞在許可)取得費用:家族4人で168ユーロ
  • 預金:ビザ取得時に残高証明が必要なので、預金があるに越したことはありません!実際の最低ラインがあるかどうかは分かりませんが、ビザ取得サポートをしてくれたドイツ人からは、家族4人の最低預金目安は520万だと言われました。税金をちゃんと払える蓄えがあるかは大事だからね。ちなみに単身者なら2000ユーロ(約26万)あればOKという記事も見たことがありますが、うーん、どうなんだろう。。。
  • 日本からドイツへの船便費用:約10万
  • 航空券代:格安片道切符で約25万

それ以外には、夫の実家までの引越し費用とか、4人分のパスポート申請代とか、戸籍謄本のドイツ語認証翻訳とか、スースケースを新たに買い揃えたり、細かいけど地味にお金がかかったものは結構あります。

海外に移住することに家族の反対はなかったんですか?

私の両親も夫の両親も、心の中では反対していたかもしれませんが、静かに送りだしてくれました。私に関しては、ありがたいことに小さい頃から好き勝手やらせてもらってきて、自分がやりたい!と思ったことは何としてでもやらなきゃ気が済まない性格もよく知っているはずなので、海外に住むと言ったところで「またか!」と思われてたんじゃないかと思います(笑)ただ、どちらの両親にも「仕事は大丈夫なのか?ちゃんとお金を稼いで暮らしていけるのか?」という心配はかけてしまっています。

移住したいのですが語学力がないのが不安です。どのくらい語学の勉強をされましたか?

ドイツ語の勉強は、一切せずに渡独しました。なんせ移住を決めてから2ヶ月で出産というスケジュールだったし、引越しに産後のドタバタに荷物整理、とドイツ語を勉強する時間はこれっぽっちもありませんでした。ちなみに、夫は英語もドイツ語も話せません。ただ、ドイツ移住の場合は(ベルリンに限り)英語だけでも話せないと厳しいと思います。実際、私の錆びつきまくった英語力で、なんとか生きている感じです(笑)語学力がなく不安な気持ちはよく分かります。だって「移住しよう移住しよう!」と何度も夫婦で話し合ってきましたが、「英語(ドイツ語)がある程度話せるようになってからにしよう!」という言葉は何度でてきたか!今でこそ、ただの逃げだったかなぁと思っています。

仕事はどうしているのですか?私は夫婦で会社員なので、それでも大丈夫なのでしょうか?

約3年前、娘が産まれるタイミングで夫がフリーランスになりました。私も、子どもが産まれてから会社員を辞めて夫のサポートをしています。今回、夫がフリーランス(アーティスト)で滞在許可を取り、私は配偶者ビザを取りました。会社員であれば、現地で就職先を見つけるか、フリーランスになるかの、どちらかじゃないかと思います。この辺は、専門家がサポートしてくれますよ!

移住ってとてもハードルが高くて難しいイメージです。芸能人とか一部の特別な人にしかできない気がしますが…

…笑。芸能人じゃありませんが、何とか移住できました。確かに、移住って大変な事だと私もずっと思ってきました。アメリカ留学の時の友人知人が、アメリカでのビザ取得とか永住権取得で苦労してきたのを知っているので、私は「移住なんてそんな簡単なことじゃない!」っていつも夫に言っていました。夫は「いや、できるでしょ!」って逆でしたけど。まぁ、夫が正しかったです(笑)結果的に分かったことは、何にも特別なことなんてない、ということ。海外に来たら分かりますが、私らみたいな人はジャンジャカいますよ!

ご主人をどうやって説得したのですか?うちはどんなに説明しても首を縦にふってくれません。

説得は一切していません。夫も移住を夢見ていたので、そこはとっても良かったなぁと!

海外生活うらやましいです!いつから海外移住を考えていたのですか?

意識しだしたのは、アメリカ留学から帰ってきて少し経った頃くらいでしょうか。ただ、そのまた大元を辿ってみると、地図帳を読むのが趣味だった中学生時代、「私は将来、絶対に海外に住む!(当時はオランダに住む!と決めていましたが…)」が始まりだった気がします。

長い間、移住をするか悩まれていたと聞きましたが、最終的な決め手はなんだったのですか?

これは、「ドイツに移住することに決めました!」と公表した過去のブログにも書きましたが、食のこと、生活環境のこと、子どもの教育のこと、仕事のこと、全てです。2018年4月を選んで移住したのにもちゃんと意味がありますが、これはおいおい書きますね。

私も移住したいと思っていますが、いろんな障壁が…。願えば叶いますか?

すごい質問(笑)でも好きです、こういう質問!私は、「願いは叶う!」と思う派です。というか、願いを叶え続けてきた人生なので、実体験で実証済みです。昔からこれをやりたい!と決めたら、絶対にやらないと気が済まない性格でして。うーん、第一希望へのこだわりがものすごくあるというか…。いや、第一希望というか、心の中にはむしろ第一希望しかなくて、結果が出るまでは他の選択肢が考えられないほど強く想う傾向があります。

例えば新卒の就職活動の時。絶対にこの会社に入りたいという思いが強すぎて、その会社の合否がでるまでは他の会社のことなんて考えられない!と一切調べもしませんでした。そこで働く自分の未来しか見えなかった…笑。根拠のない自信というやつです。その結果、ありがたいことにその会社に入ることができました。周りの人からは「え?1社しか受けてないの?」と驚かれましたが、だって入りたい会社が一個しかなかったから!笑

ちょっと前にも書いたドイツでの幼稚園探しの件も、周りの人からは、何個も何個も幼稚園にメールを送ってやっと決まった!と聞いていましたが、私は、幼稚園探しは大変だという状況は分かるけど何個も何個も娘を通わせたい幼稚園なんて正直ないし、一個結論が出ないと次に気持ちが向かない!と、一つの幼稚園しか連絡を取りませんでした。でもそれがいい結果に繋がったり…。

家探し大変じゃなかった?とよく聞かれる、争奪戦と言われるドイツでの家探し。ここだ!と直感で決めた第一希望の家にあっさり決まりました。これも結構びっくりされます。

でもどんなことも、決断に至るまでは、結構グダグダ考えたり迷ったりはします。でも直感を大切にしているので、グダグダ、ウジウジしていても、これだ!とか今だ!とか思ったら、一気にアクセルを踏み込む感じです。なのでそこに対する熱量は半端じゃありません。だから願いが叶うのかな?これまでの人生、他にも似たようなことがたくさんあるのですが、やってきたことは強く想うことだけで(意識はしていない)大した苦労をせずにここまできてしまいました。いつかはバチが当たるかも!と本気で思うくらい、運がある!って自分で思います。なので、願いは絶対叶うというか、自分で叶えるもんだと思っています!

周りには、家族で移住された方は多くいらっしゃいますか?

同年代で家族全員で移住された方は知りませんでしたが、つい先日行ったカフェに同じような状況で日本から移住されてきたご夫婦と2歳くらいのお子さんがおられ、お話させてもらいました!それから、夫のドイツ語の先生に聞いたところ、そもそも家族全員で移住というのは少数だし、移住してきてる方も私たちよりもひとまわり近く上の年代の方が多いようです。ちなみに、お父さんは日本に残り母子で移住されている方がとても多くてびっくりしました。シングルマザーで子ども連れで移住されているかたもいらっしゃって、すごいなぁ!と思っています。

こんな感じでしょうか。

ちなみに私たちは移住サポートをしてくださる方にお願いをして、ドイツでの生活全般のことや、ビザ取得などの専門知識が必要なことを、それぞれを別の方にサポートしてもらっています。なので、ビザ取得方法などに関しても聞かれることは多いのですが、詳しくは公開できません。でも、ビザ取得の手法は、正直どうでもいいんです。プロに任せたら何とかなるはずだから(もちろん自分も頑張らなきゃだけど!)。大事なのは、気持ちの部分で、移住したいならとにかく覚悟を決めるということです!

移住してきてまだ9ヶ月。本当に本当にドイツに来て良かったと思っています。安心して生活するためにドイツに移住して来ましたが、食や生活環境のことだけ考えても、間違いじゃなかったのをリアルに実感しています。ここに関する質問も多いので、また別で書きますね。

みんな、ドイツへおいでー!

では!

Tomoyo Shimazaki

Tomoyo Shimazaki - 島崎ともよ

I am a Japanese food stylist based in Berlin. I’m a mama of 2 children. Love cooking and eating! I want to share with you a behind the scenes of mama’s kitchen. /ドイツ・ベルリン在住。3歳の娘と0歳の息子の母。ジャパニーズフードスタイリスト&ナチュラルライフデザイナーとして、暮らしや食べものにまつわることをブログやSNSを通して発信しています。趣味は作ることと、食べること!

instagram  twitter  facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

.RANKING

FOLLOW US

thank you for your visit. Site by island