Apr 23, 2018 Life - ドイツで子育て 

ドイツ人の子育てから学ぶ。公共の場でも子どもは静か!!騒いだり泣きわめいたりしない!?

Text: Tomoyo Shimazaki

ベルリンに来てから毎日いいお天気で、さっそく公園デビューを果たしたともよです。あー、日焼け止め買わなきゃ。

ベルリンに来てから時差ボケや環境の変化もあってか、3歳の娘がグズグズで手がつけられないことが何度かありました。しかも公共の場でね。でも、ふと気づくと同年齢のドイツの子どもたちは周りにちらほらいるのに、騒ぎ立てたり、走り回ったり、泣きわめいている子どもがどこにもいません!なんなら、大人しい方だねとよく言われるうちの娘が誰よりも一番困ったちゃんで、周りのドイツ人から白い目で見られている始末。こちらはドイツに移住してきたばかりでいろんな事情があるけれど(そんなのドイツ人にはわからないし)、何なのこのざわざわする感じ、と夫と話していました。

ドイツ式子育て

前に、子育てとペットのしつけはドイツ人に任せろ!的な記事を読んだことがあったのをふと思い出しました。散歩中の犬は毅然として歩き、吠え立てたりすることはなく、レストランやデパートでもおとなしく椅子の下にちょこんと座っているとの事前情報は入っていましたが、確かにそう!吠えてる犬がいない!!しかもリードせずに散歩している犬が結構いる!!!

すごい。これはすごいぞ!!子育てにも何か秘密があるんじゃないの!?ただでさえアウェイなのに、これ以上白い目で見られるのはつらいよー!教えてGoogleさーん!ということで、ドイツ人の知り合いもいないのでネットで検索してみました(笑)

子どもはもちろん騒いだり、いうこと聞かなかったりする。でもその時の子どもへの接し方が違うらしいのです。悪いことをしたら高圧的に叱るのが基本。一度注意をしたら絶対に引きさがらず、子どもに対して強い姿勢を変えない。そして悪いことをしたら、なぜそういうことをしたのか徹底的に話し合ったり、言い聞かせたりしているよう。

ドイツ人は、特に公共の場でのマナーにはとても厳しいそうで、いくら子どもでも容赦ないみたい。そっか、それで娘がワーキャーした時の目線が痛かったのね…。国が変われば子育ての仕方も変わるというけれど、さっそく文化の違いを実感しました。

高圧的に叱るかどうかは別として、親が注意している理由を徹底的に説明したり、なぜそうしたのかを話し合うと言うのは真似してみようと思います。日本人の良さは守りつつ、ドイツで生活している以上、郷に入れば郷に従え!で見習うところは見習わねば。

あっ、余談ですが、ちなみにドイツでは、「飼い主がおバカだから犬もおバカになっちゃうのよ」という考えがあるようで、犬が賢いかどうかで飼い主のレベルも判断されてしまうようです。街中で吠えてる犬がいたら、飼い主が「あーやれやれ…」と白い目で見られるんだとさ。子どもと一緒だね。だから飼い主は仔犬のうちにしつけの学校に行かせるらしい。いつかは犬を飼いたいと思っているけど、相当なプレッシャーだな、こりゃ。

Tomoyo Shimazaki

Tomoyo Shimazaki - 島崎ともよ

I am a Japanese food stylist based in Berlin. I’m a mama of 2 children. Love cooking and eating! I want to share with you a behind the scenes of mama’s kitchen. /ドイツ・ベルリン在住。3歳の娘と0歳の息子の母。ジャパニーズフードスタイリスト&ナチュラルライフデザイナーとして、暮らしや食べものにまつわることをブログやSNSを通して発信しています。趣味は作ることと、食べること!

instagram  twitter  facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

.RANKING

FOLLOW US

thank you for your visit. Site by island