国内移住から海外移住へ

Feb 15, 2018 Life 

東京から滋賀に移住してきた私たちの次なる道は?

Text: Tomoyo Shimazaki

2018年がスタートしてあっという間に一ヶ月が経ちましたね。早いなぁ。我が家は年明け早々に第二子(男の子)が産まれ、ドタバタの日々でした!ようやく生活のリズムに慣れ、落ち着いた感があるので、今更ですが新年の挨拶を(笑)

今年も出会いを大切にする年にしたいと思っています。フットワーク軽く(割と重い方…)、いろんなところへ行って(いつも同じところばかり行く…)、いろんなものを見て(行く場所が同じだから見るものもだいたい一緒…)、いろんな人に出会って(実は人見知り…)、人生を楽しみまくりたいなぁと思っています!すでに出会ってくれているみなさんはもちろん、これから出会うみなさんも、どうぞよろしくお願いします。

ということで、今日が2018年一発目の記事です!なんだか勝手にドキドキワクワクです。

新ブログ「ライフとフード。」スタート!

今日(私の誕生日!笑)から、『ライフとフード。』という個人ブログをスタートすることになりました。私の中で大事にしている、生活と食のクオリティアップをテーマに、想いを綴っていこうと思っています。それに伴い、これまでポツポツやってきたゴチソウを春を目処にクローズすることにしました。ゴチソウケータリング東京から滋賀に移住してきて、夫婦で始めた小さな「滋賀の食に関するプロジェクト」。自分たちがちっぽけすぎて、多くの方にご迷惑をおかけしたり、頭でっかちになり過ぎて思うようにいかないことだらけでしたが、スタートしなければ出会えなかった人が多すぎて、それが本当に貴重すぎて、夫婦でゴチソウの今後を何ヶ月もウジウジ悩みました。でも、区切りということでこの決断に至りました。詳しくは後述しますね。ゴチソウに力を貸してくださった方、読んでくださった多くの方に感謝の気持ちでいっぱいです。(ゴチソウに載せた記事の一部は再編集して、今後ちょこちょことライフとフードに載せていくことにします!)

予想外の帝王切開に悶絶!第二子誕生のウラ側。

そしていきなり話が変わりますが(笑)、備忘録的に書いておきます。年明け早々の出産は、予想外の緊急帝王切開でした…。1人目は自然分娩だったので、複数のお産の形を体験できて、結果的には良かったかなぁと感じています。…が!!帝王切開ってびっくりするほど痛かった!陣痛がないから楽じゃんという人もいるようですが、それに匹敵する痛みは産後に確実にやってきます。いや、むしろそれ以上かも。傷の痛みプラス後陣痛、それに風邪の残りで地味に咳が出てる時だったので、私は叫びましたよ、陣痛並みにね(笑)つわり含め、どんな産み方であれ命を生み出すのは楽じゃない。出産って命がけだなぁとつくづく感じました。それにしても2人目はかわいい!新入り共々、4人家族になった我が家をよろしくお願いします。

そして最後は…タイトルでもふわっと匂わしましたが

また移住します。次は海外移住だよ!

私たち夫婦が生後4ヶ月の娘と共に、東京から滋賀に移住したのが2015年8月でした。あれから約2年半。滋賀での生活は本当に素晴らしいものでしたが、今度は新たな決意と共に、生活の拠点を海外へと移すことになりました。

実は、とあることがきっかけで20代半ばから無意識に「守り」の生き方をしてきました。それまでは割と怖いもの知らずで、直感でいろんなことに挑戦してきたのですが、そのとあることを境にやけに現実的になってしまいました。自分ではそれに気付きながらも、忙しさに酔いながら見て見ぬふりをしてきました。

その反面、結婚した夫は私と逆で、歳を重ねるごとにチャレンジングになっていきました。一見物静かそうですが、内に秘めた想いは割とぶっ飛んでいて野心に富み、1人目が生まれるタイミングで会社を辞めて独立したいと言われた時は、全力で反対し経済的に安定した生活を送りたいと懇願しました(笑)でも結果的に彼の揺るがぬ想いに負けて、独立を応援することにして滋賀へとやってくることになったのです。

滋賀に移住するのを決めた時、実は私たちの中では、国内移住することがゴールだったわけではありませんでした。夫婦それぞれがそれぞれの想いで、いつになるかは分からないけど、いつかは海外移住したいね!と夢見て、ことあるごとに夫婦で話し合いを重ねてきました。どこの国がいいのか、いつがいいのか、と悩みに悩んで、行ったり来たり。途中でその熱が冷めてしまうこともありましたが、当初の予定を3-4年早めて、ついに4月からドイツに移住することを決めました。

直接報告させていただいた方のほとんどに、なぜドイツなの?と聞かれますが、それはおいおい書いていくことにします。複数の理由がちゃんとあるのですが、情報だけで知った気になっているドイツと、リアルドイツはまたきっと違うと思うので、現実を見てから理由と合わせてその違いでも書こうと思います。だって、私たちドイツに行ったことないからさ(笑)そんでもってドイツ語もしゃべれないしさ(笑)

でも、ほんのちょっとだけ匂わすと、「生活環境」と「子どもの教育」のことを考えての移住です。

今回のことをきっかけにいろんな決め事をしていくうち、昔の自分を思い出しました。根拠のない自信に満ち溢れて何にでも挑戦していた、昔の自分を取り戻したような、水を得た魚のような感じでした。世の中の常識にとらわれたり、右へならへの人生ではなくて、自分達がどうしたいかで道を決める。人生に決まりや制限はないし、作っているのは自分の思考でしかないと思うので、思い切りやりたいことをやって楽しんでみたいと思うのです。自分たちの足でしっかり立って、目で見て肌で感じて、更にパワーアップできたらと思っています。ここまで来れたのも、ちょっとぶっ飛んでいる夫のおかげでもあります。

そして、そんなぶっ飛び夫婦の決断を見守ってくださり、テレワークでも大丈夫です!と言ってくださるクライアントさんのお仕事は、これまで以上に力を入れてドイツから誠心誠意対応していきたいと思います。

ということで…初回の投稿はだいぶ長くなりましたが、4月から新たな一歩を踏み出す我が家をどうか見守っていてください。

楽しむぞー!

Tomoyo Shimazaki

Tomoyo Shimazaki - 島崎ともよ

I am a Japanese food stylist based in Berlin. I’m a mama of 2 children. Love cooking and eating! I want to share with you a behind the scenes of mama’s kitchen. /ドイツ・ベルリン在住。3歳の娘と0歳の息子の母。ジャパニーズフードスタイリスト&ナチュラルライフデザイナーとして、暮らしや食べものにまつわることをブログやSNSを通して発信しています。趣味は作ることと、食べること!

instagram  twitter  facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

.RANKING

FOLLOW US

thank you for your visit. Site by island