Feb 12, 2019 トライリンガル育児 

ドイツの幼稚園入園から約半年後の3歳のドイツ語力は?

Text: Tomoyo Shimazaki

ドイツに移住し10ヶ月が経ちました。娘は、3歳5ヶ月でドイツの幼稚園に入園し、早いもので半年が経とうとしています。渡独するまでの2年弱、インターナショナルスクールに通っていた娘は、ある程度英語が理解できる状況でドイツの幼稚園に入園しました。なので入園当初、ドイツ語が全く分からなかった娘は、先生達と英語でコミュニケーションを。もちろん他の園児はドイツ語を話しているので、さっぱり分からなくて辛かったはずです。加えて、娘は大人しめな性格で、どちらかというと静かーに周りの様子を伺っているタイプ。言葉が分からなくても、元気にワー!と遊べるような元気いっぱいわんぱくタイプではないので、とても心配でした。

3歳児がいきなりドイツ語の環境に入ってどうなったか?

入園して最初の1ヶ月は何も分からないまま、ただただ通っている様子。先生も気を使ってくださって、ずっとそばに寄り添い抱っこしたり手を繋いでくれていたので、娘も少しは安心していたのかもしれません。それが少し慣れてきて、先生もドイツ語オンリーで話しかけるようになった2-3ヶ月位の頃から娘の精神が不安定になり、かなり痛々しい状態でした。幼稚園に行きたくないと言ってお休みをしたことも何度もありました。それ以外には、

・週4-5日でおねしょ。一晩で2回の日も。
・幼稚園でもお漏らし。トイレに行きたいと言えなかったみたい。
・嫌なことがあると、鬼の形相で叫ぶ。

幼稚園で言葉が理解できないストレスと不安を、家でぶちまけているようで、私も夫もただただ見守ってあげることしかできませんでした。おねしょに関しては、精神安定に効果があると言われるレメディを飲ませていましたが、残念ながらほぼ効果は感じられず。

入園4ヶ月後くらいからドイツ語を話すように!

そんな中、入園4ヶ月が経つくらいから、家での一人遊びがドイツ語になってきました。その頃からおねしょも少なくなり、幼稚園も楽しそうに行くように!その頃、新しい先生(イケメン!)が来るようになり、その先生の優しさやサポートの力で、幼稚園が楽しくなった様子。お友達が家に遊びにきてくれるようにもなり、こっそり遊んでいる様子を見ると、会話の掛け合いができるくらいにドイツ語が話せるようになっていました。ドイツ語特有の発音もマスターし始めていて、1ヶ月バケーションでお休みしていた担任の先生が「戻ってきたらドイツ語で会話できるようになっていて本当にびっくりしたわ!」と教えてくれました。

私が街でドイツ語で話しかけられハテナ?になっていると、娘が聞き取れた単語などを通訳してくれたり、○○ちゃんの誕生日パーティーに誘われたんだけど行ってもいい?と言ってきて本当かなぁ?と思っていたら、後日招待状をもらってきたり、友達と幼稚園後に遊ぶ約束を取り付けてきたり、パン屋さんやカフェでは自分で注文したり。ドイツ語の環境に入って4-5ヶ月でこんなにも話せるようになるなんて、本当にびっくり!

実はこれ、親としては別の意味でもびっくりなのです。娘はかなりのシャイ。日本にいた時も、モジモジしちゃって家族以外とはほとんど会話ができず、ちょっと心配していました。なので、ドイツ語が話せるようになったとかは実はどうでもよくて、娘が家族以外と会話のキャッチボールができるようになったことが嬉しくて仕方ありませんでした(涙)

1歳3ヶ月から勉強し始めた英語力はどうなったか?

同い年の仲良しガーナ人のお友達と

家では日本語で会話。幼稚園ではドイツ語で会話。じゃあ英語はどうなの?というと、正直、英語で会話のキャッチボールができるかは分かりません。私が、幼稚園の先生と英語で会話している内容はほぼ理解しているし、自分が英語で話しかけられても聞かれていることは理解できていて、それに対してyes/noや2-3語で答えることはできるけれど、それに質問し返したり、自分の意見を言ったりはできないレベル。

ただ、上にも書いたように、最近まで日本語であっても家族以外との会話のキャッチボールができなかったので、色々と変わってきた今、英語だけの環境に置かれたら話せるのかどうかは気になるところです。

実は娘はインターに通っていたのとは別に、英語の周波数を無意識下で入れてあげる「音入れ」と言うのをしていて、英語のCDやDVDを1歳10ヶ月ごろからみせています。詳しくは、一年前くらいに書いた子どもに英語を習わせたい人必見!お家英語でバイリンガルキッズを目指す「バイリンガル育児ランチ会」に参加してきました!に書いているので、ぜひ見てみてください。平日は1日7時間ドイツ語環境に置かれるので、今は週末のみDVDを見せて英語の周波数を入れてあげるようにしています。最近ドイツ語が優位になってきたので、「ドイツ語と英語、どっちでDVDを見たい?」と試しに聞いてみるのですが、「英語!」と。まだまだ英語の方が理解できるのかな?

手をかけてあげるのは英語と簡単な日本語の読み書きのみ

子どもの言語に関しては夫婦で話し合って、ドイツ語→英語→日本語の優先順位で習得させてあげたいと決めました。

①ドイツ語
幼稚園で自然と覚えてくるはずなので、しばらくはノータッチ。

②日本語
家での日常会話+簡単な読み書き(もう少し大きくなってからスタート)程度で、補習校には通わせない予定。なので、しばらくはノータッチ。

③英語
・週末のみ英語のDVDや音声での音入れ
・週1回、幼稚園後に英語を話す友達ファミリーと2-3時間遊ぶ
・週1回、英語を話すナニーに家に来てもらって一緒に遊んでもらう

ということで、英語のみ親が調整してあげる必要があるかなぁと考えています。ドイツ人のママ友に聞いてみたところ、今のドイツの教育なら小学校低学年から英語教育がスタートして、大抵ペラペラになるから何もしなくてもいいと思う、とのこと。なので、何もしないという選択肢もありますが、せっかく1歳ちょっとからスタートしてある程度理解できるようになっているので、継続できたらなぁと思っています。それに、ベルリンにいると子どもであっても母国語+英語(+もう一言語)を話せるのは珍しくないので、英語は話せて損はないかと。英語が話せれば、日本語が話せなくても世界で生きていけるのでね。

今後も半年に一回くらいのペースで、トライリンガル育児記をアップしていきます!お楽しみに。




Tomoyo Shimazaki

Tomoyo Shimazaki - 島崎ともよ

I am a Japanese food stylist based in Berlin. I’m a mama of 2 children. Love cooking and eating! I want to share with you a behind the scenes of mama’s kitchen. /ドイツ・ベルリン在住。3歳の娘と0歳の息子の母。ジャパニーズフードスタイリスト&ナチュラルライフデザイナーとして、暮らしや食べものにまつわることをブログやSNSを通して発信しています。趣味は作ることと、食べること!

instagram  twitter  facebook

コメントは受け付けていません。

.RANKING

FOLLOW US

thank you for your visit. Site by island