Jun 10, 2018 DAUGHTER & SON - ドイツの幼稚園 

ドイツ・ベルリンの幼稚園(KITA)探し①幼稚園・保育園探しスタート

Text: Tomoyo Shimazaki

ドイツの4歳児向け知育本ドイツに来てそろそろ2ヶ月が経とうとしています。ただいま幼稚園の審査待ち…。なので、そんなにおてんばじゃないけど動きたい盛りの娘を退屈させないように毎日プランを考えるのは、一歳過ぎからインターでお世話になっていた私には、かなり痺れる作業です。あっという間に生後5ヶ月になった息子のお世話もあるので、仕事したい!人間の私は、どうやっても仕事の時間が捻出できない今に反発しちゃって、気持ちがあっちへ行ったりこっちへ行ったりで忙しい(笑)まぁ、親の都合でドイツに移住してきた訳だし、きっと娘も新しい生活に子どもながらのストレスや不安も抱えているはずなので、毎日一緒に過ごすことで心に寄り添ってあげられる時間を持ててよかったなぁ…と思いながら過ごしています。というわけで、毎日写真のような迷路やぬりえで楽しんでいます!

ベルリンの深刻な待機児童問題

移住する前から聞いてはいましたが、ここベルリンの保活問題は実は深刻です。ほとんどの人は、1歳を過ぎたら預けるそうで(ドイツは仕事をしている女性が多いから)、妊娠中や産後間もなくから幼稚園・保育園の見学と申し込みをします。先日行った幼稚園の説明会にもお腹の大きなお母さん達がたくさんいました。ということはですよ、息子はすでに生後5ヶ月なので、スタートダッシュに大幅に乗り遅れてる訳です…私。ドイツ人の友達は「1歳で預けるのは大変だけど、3歳の娘ちゃんは難しくないよ!」と言っていましたが、私が申し込んだ幼稚園は年齢関係なく、丸っと◯人という枠が設けられ抽選になるので、3歳だから入りやすい!とかは無さそうでした。

ドイツは8月から年度開始。乳幼児連れの移住は春がおすすめ!

実は当初、ドイツの年度開始に合わせて7月頃に移住してこようかと思っていました。でも幼稚園探しもあるし、生活に慣れることも考えると春がいいかな?と思い、急遽前倒して4月に変更したのですがこれが功を奏しました!今申し込んでいる幼稚園も、結局は8月からの入園になるので、移住希望の方は幼稚園探しや準備も含めると3-4ヶ月の余裕を持って4月頃には移住したほうが良さそうです。すでに日本で幼稚園・保育園に通っているお子さんは、キリよく3月の年度末で退園できるのもいいですね。

ドイツの幼稚園の給食はどうなの?

日本では、娘を預けていたインターではお弁当やおやつを持たせていました。無添加の食事をしている自然派ママさんなら分かっていただけると思うのですが、私の場合は給食に使われる食材の産地問題と添加物がどうしても許容できなかったので、オーガニックの給食を出してくれる保育園か(ほぼゼロ笑)、アレルギーがあるわけではないけれどお弁当持参可能な保育園(これもほぼゼロ)というのが必須条件で探していました。でも年度途中から預けられるところで上のような条件の保育園は見つからず(当たり前!笑)、翌月から入園OK!お弁当もOKよー!というインターに行き着いたわけです。なので日本でインター入れてるというと、だいたい英語を話せるようにさせたいからでしょ?と言われますが、私たちの場合は全然違うレアケースなわけです(笑)

なので、ベルリンでも給食問題は結構気になるところ。いくらオーガニック・ビオ大国ドイツと言えど、そっち派じゃない人は、基本添加物モリモリのウインナーやハムを常食しているので、それが給食に出てきたらと思うと、私はいてもたってもいられない!そして毎日パンばかりの給食も、うーと思ってしまうので、悩んでいました。中にはオーガニック給食を出してくれるところもありますが、倍率も高く家からも遠いし、パンが出てくるのには変わりないし(涙)わたしゃ、おにぎりときゅうりの漬物を持たせたいんだよう(笑)

でも、ベルリンは多くの人種が混在しているので、食の多様性への理解は大丈夫そう。アレルギーではないけれど、ビーガンや宗教などで特定の食材は食べないという人もいるので、自然派の幼稚園でなくても「お弁当を持たせます!」でまるっと収まりそうな予感はします。申し込んでいる幼稚園もお弁当持参可能とのことだったので、あとは園で定期的に出される牛乳を遠慮させてもらう交渉くらいかなぁと。

ただこの幼稚園がダメだった場合のために他も探さないと!自然派の幼稚園が見つかるといいなぁ。一つ一つ翻訳しながら調べるだけで日が暮れてしまう毎日ですが、母は負けないぞ!ちなみに、今は新患の受付停止中とのことだったのですが、家から一番違い小児科が、たまたまホメオパシーのドクターがいるところだったので(ホメオパシーの小児科はなかなか見つからない!)しつこく電話して(笑)、診てもらえるように祈ろうと思います!

では!

・子どもも大人も一緒に遊べるボードゲームがおすすめ!「ボードゲームとアプフェルショーレ!ボードゲームはお母さんの味方!?」はこちらからどうぞ
ドイツのボードゲーム

・台所育児にもぴったり!「OPINEL(オピネル)の子ども用包丁とピーラーセットを買いました!」はこちらからどうぞ
OPINEL子供用包丁

Tomoyo Shimazaki

Tomoyo Shimazaki - 島崎ともよ

I am a Japanese food stylist based in Berlin. I’m a mama of 2 children. Love cooking and eating! I want to share with you a behind the scenes of mama’s kitchen. /ドイツ・ベルリン在住。3歳の娘と0歳の息子の母。ジャパニーズフードスタイリスト&ナチュラルライフデザイナーとして、暮らしや食べものにまつわることをブログやSNSを通して発信しています。趣味は作ることと、食べること!

instagram  twitter  facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

.RANKING

FOLLOW US

thank you for your visit. Site by island