海外で子育て・親育ち

ベルリンでの子ども手当(児童手当)のオンライン申請ほうほ

今日はベルリンでの子ども手当てについて書いてみます。(2018年10月に書いた記事を、もう少し分かりやすく書き直しました!)

ざっと時系列にしてみますが、
2018年7月:ビザ取得
2018年9月:子ども手当申請
2018年10月:承認&ビザを取得してからの3ヶ月分がまとめて振込
以降、毎月10日頃に指定した口座に振り込み。という流れです。

直接役所に行って申請することもできますが、私は郵送にしました。我が家の場合、3歳と0歳の子どもを連れ、どの位時間がかかるか分からないところ(特に役所関係!)へ行くのは結構辛いものがあります。まだ授乳中なので、そういうことも気にしなきゃ行けないし、うちの息子は外出先だと周りが気になりすぎて全然飲んでくれないので、私もしんどくなってしまいます。なので、処理時間はかかるのは分かりますが、郵送で申請できるのは助かりました。

ベルリンでの子ども手当申請に必要な書類

・パスポートのコピー
・ビザのコピー
・申込書A(親の情報を書くもの
・申請書B(子供の情報を書くもの
・戸籍謄本のドイツ語認証翻訳のコピー
・住民登録証のコピー
・児童手当 支給事由消滅通知書(日本の市役所から実家に届いたものをドイツに送ってもらった)の認証翻訳
※この支給事由消滅通知書はなくてもいい人もいるみたいです。他にも、私は必要なかったのですが、日本でいつからいつまで合計いくらもらっていたかが分かる書類を日本から入手して追加で提出するように言われた人も知っています。担当者によりけりというのは、ドイツあるあるですね。

これらを準備して、下記の住所に書留で送ります。直接提出しに行く場所とは住所が異なるので注意です!

Familienkasse Berlin – Brandenburg
14465 Potsdam

2018年9月下旬に書類を郵送しましたが、3週間程で承認の手紙が届きました。そしてその当日に無事に初回分の子ども手当て(ビザが発行された7月から10月分まで)がまとめて入金されました。

ドイツの子ども手当は学生なら25歳までもらえます

ドイツの子ども手当はかなりありがたくて、通常なら18歳まで、学生なら25歳までもらえちゃうのです。
2018年度は、第一子・第二子は、月額194€(約25,000円)。第三子は200€。第四子以降は225€。うちは子ども2人ですが、月50,000円は超ありがたい。一年で60万。18歳までだと、1人540万の計算です。

ドイツには両親手当(Elterngeld)という制度もあり、育休中の人や週30時間以内で働いている人がもらえる手当金があります。この申請は大変でした…。これはまた別で書きますね。

Tomoyo Shimazaki

WRITTEN BY

Tomoyo Shimazaki

ベルリン在住フードスタイリスト。身体を壊したことをきっかけに食生活を変えたところ、それまで薬が手放せなかった身体がいつのまにか薬のいらない身体に。それ以降ブログを通して、ナチュラルでシンプルなレシピを発信しています。 2018年に生活の拠点をドイツ・ベルリンへ。海外生活で手に入る限られた材料でも日本で食べるものと同じように美味しい和食のレシピを開発中。

RankingLIFEとFOODの人気記事