牛乳とバターで生クリームを作る方法!ホイップ状にするには…
おやつ Comments are Disabled

牛乳とバターで生クリームを作る方法!ホイップ状にもなるレシピ

みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよ(@life.food.berlin)です。

今日は、牛乳とバターから生クリームの代用品を作り、それをケーキのデコレーションやロールケーキのクリームにも使えるようにホイップ状にする方法を紹介します。

ドイツに移住してから気づいたのですが、日本では当たり前に手に入っていた40%以上の高脂肪の生クリームがこちらではほとんど手に入らないのです。実際に、お菓子作りで困っている日本人の方が多くいらっしゃいます。

海外にお住まいでお困りの方にはもちろん、日本在住の方にも、いざという時に役に立ったらいいなと思い、レシピに残すことにしました。

あくまでも生クリームの代用品なので、本物の生クリームと比較すると違いは様々ありますが、バタークリームと生クリームの中間のような、軽いホイップバターのようなクリームに仕上がります。生クリームで言うと42%から45%くらいの固さや濃厚さになるイメージでしょうか。

ちなみに、ラクトースフリーミルクで作ることも可能です。ただ、低脂肪牛乳や豆乳やアーモンドミルク、オーツミルクなどでは分離したり、きれいなホイップにならなかったり、舌触りがよくなかったり…と失敗が続いたことは一応書いておきます。

このレシピ、どの工程も大事なので、一つ一つ丁寧にやってみてください。できたクリームの使い方は、ホイップした普通の生クリームと同じようにお使いいただけます。写真は、このクリームで作ったロールケーキ。ダレることもなく、とても美味しくできました。

牛乳とバターで作る生クリームの作り方

①牛乳と無塩バターを小鍋に入れて、泡立て器でよく混ぜながら85-90℃位で約10分火にかける。沸騰させないように気をつける

②ミキサーに①を入れ、約30秒間高速で混ぜる。ハンドミキサーの場合は高速で1分程度混ぜる。

③ボウルに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で最低6時間〜一晩冷やす(ここでよく冷やして寝かすことで綺麗なホイップになります)

④③のボウルに砂糖を加え、泡立て器で砂糖を溶かすように1-2分ゆっくりとかき混ぜる(次の工程でハンドミキサーを使いますが、普通の生クリームよりも早く固まってくるので、砂糖が溶け切らないうちにクリームが固まってしまうのを避けるため、あらかじめ泡立て器で混ぜて砂糖を溶かす工程を入れています)

⑤④のボウルよりもひとまわり大きいボウルに氷と少量の水を入れる。④のボウルの下に氷の入ったボウルを重ね、ボウルの底を氷水で冷やしながらハンドミキサーで混ぜる。途中からいきなり固まってくるので、中速位で様子を見ながら混ぜるのがおすすめ。混ぜすぎるとボソボソになるので注意!

クリームの仕上がりが分かる動画は、instagramのストーリーズハイライト(生クリーム)に載せています。

完成したら、お好きなスポンジやロールケーキの生地と合わせて使ってみてください。

基本のショートケーキのレシピ(スポンジ編)
基本のショートケーキのレシピ(ナッペ編)失敗時の対策付き

などのレシピも用意していますので、ぜひご覧ください。

Comments are closed.